ケアワーク・サポート相談

 

自治労の介護ワーカーサポートダイヤル

 

フリーダイヤル

0120-768-068

〈相談時間〉 10:00〜17:00
〈相談日〉  月曜日〜金曜日

 

  • ケア・サポート相談では、介護に関わるお仕事をしてる方々からのご相談を受け付けております。技術、労働条件など、何に関してもOKです。
  • ご質問やご相談がある方は、下記の相談フォームより、必要項目をご記入のうえお送りください。
  • また自治労京都では電話での相談も受け付けております。お気軽にお電話ください。

ケアワーカーQ&A

来年4月から精神障害者へのホームヘルプ派遣が始まりますが、特別な研修を受けていないので不安です。どうしたらいいでしょうか?

初めてのケースに入る時は緊張しますね。特に精神障害というと構えてしまうと思います。でもあまり難しく考えないで下さい。研修を受けていない場合、色んなことを考えすぎて精神障害に対して自分勝手な偏見を持ってしまいがちです。まずは行くことから始まります。行ってケアプランにそって活動をしてください。色んなことがあってとまどうかもしれませんが、一つ一つのことに疑問をもったり意味を考えたりせずに大きく受け止め、神経質にならないでください。
知識も必要ですが利用者との信頼関係を作ることがとても大切です。何度も活動に入ることで少しずつ信頼を得ることができます。同時に事業所でのフォロー体制も作ってください。

ホームヘルプ活動中に利用者宅でお茶をすすめられて困ります。事業所からは断るようにと指導をされていますが、「自分の入れたお茶を飲めないのか」と機嫌を悪くされます。こんな時はどうすればいいのですか?

 

よくある話ですね。でも深刻な問題です。事業所から断るようにと指導があるのなら、当然断らなければなりません。また、あなたの勤務先の事業所から複数のヘルパーがその方の活動に入っているのなら、ヘルパーの対応は同じにすべきです。それは事業所の姿勢でもあります。
事業所の指導がなくても基本的には仕事に行っているのですから断るべきだと思います。ただ、断るときにきちんと理由を説明しなければなりません。事業所が禁止しているからというだけではなく、ヘルパーの仕事を理解してもらえる説明をしてください。そうすることで、ヘルパーの専門性を高め、社会的にも認められることになります。
利用者にとってヘルパーと話をしながらお茶を飲むことで本人の生活が豊かになる、いわゆる質の良い生活につながるのなら、それをケアプランに入れればいいのです。利用者本人がどういう気持ちでお茶をすすめるのかを見極めて判断し、ケアマネに状況を伝えるのもヘルパーの仕事です。

登録ホームヘルパーですが、家事活動中に利用者の家族からオムツを換えてほしいと言われました。ケアプランにはないことですが、ご本人が気持ちが悪いだろうと思うとほおってはおけませんので、オムツ交換をしましたが、活動報酬は家事で支給されました。納得いきません。

 

今非常に問題になっていることです。報酬単価の一本化を求める動きもでてきています。質問のようなケースでは、ヘルパーがご家族に複合になる旨を伝え了承してもらわなければなりません。もし家族が複合になることでオムツ交換を断られても、本人のことを考えるとやっぱりほおってはおけません。事業所に帰ってケアマネから利用者に理解を求めてもらってください。そして活動報酬を複合でもらってください。
こういうところに介護、家事、複合とヘルパーの活動を分けたことに対する矛盾がでてきています。利用者やその家族にヘルパーの仕事を理解してもらい、活動に対する正当な請求ができるようにならなければいけません。


相談フォーム